IPOのコンサルティング業務 証券代行事業

iIPOをするために必要な業務は、数多くあります。例えば、諸規定の整備、議事録・会議運営のノウハウ、事業計画の作成、予算・実績管理をする、内部監査・監査役監査が有効に機能するシステムづくり、申請書類の作成、IPO審査のサポートなどなどです。とてもこれらを内部組織だけでこなしていくことは不可能です。そこでIPOについて経験豊富なコンサルティング業務が、必然的に必要になってきます。なかでも、複雑なのは上場にかかわる、証券代行事業です。上場に関与するのは確かに主幹事である証券会社です。しかし、すべてを主幹事にまかせればそれでいいというわけではありません。内部の事情まで証券会社が把握しているわけではないからです。証券代行事業にかかわるコンサルティングを受けることがIPOを成功させる一歩となります。

上場するタイミングでのコンサルティングの役割。

一般に上場審査を受けるうえで一番大きなポイントとなるのは、なぜ儲かっているのかを明らかにすることです。なぜ儲かっているのかは、広く投資家に資金を出してもらう上で大切なことです。当社は、これがあるから強いですと印象付けることは、すべての事項に優先します。システムが整っていない企業に上場する資格はありません。上場してから問題が判明することは、その企業のイメージを損なうだけでなく、株価の下落によって投資家に多大な迷惑を及ぼすことがあります。主幹事の証券会社は、上場にかかわる取引所の規則に従ってサポートはしてくれます。但し、投資家に迷惑をかけるかどうかはあくまで上場しようとする企業の責任です。上場にあたって審査のアドバイスのみならず、内部事業等の十分な把握を職務とするコンサルタントが、確実に処理をすることが大切です。特に上場時の判断違いは、それにかかわる株主、多くの投資家に金銭的損失をもたらすことを認識したプロ意識が必要です。

証券代行コンサルティング業務はなぜ必要なのですか

証券代行事業は、企業を取り巻く最先端の課題に対して株式実務の面で、専門のコンサルタントが的確なサポートをしてくれることにあります。合併、株式併合、会社分割など企業にとって生命線ともいえる複雑な業務の支援をすることが必要です。上場時だけに限らず、企業が存続するかぎり資金調達の要となる業務が証券代行業務です。複雑な業務をこなすことで社会的認知度はあがっており、株式の発行会社に代わって一切の株式事務を代行することが必要です。取り扱う業務は、多岐に及び株主総会の開催にかかわること、IR情報の開示にかかわるアドバイス、企業のグループ管理にかかわることなど、さまざまな株式実務を的確に、システムを使って発行会社に情報を提示してアドバイスを行っていきます。いわば、企業の指針を提示する職務になります。