IPOのコンサルティングはIR体制整備から

IPOの最大のメリットは、市場から多額の資金を調達できることとされていますが、それだけではありません。株式公開にあたって厳しい審査を通り抜けた企業は、社会から一流企業として認められたことになり、取引先からの信用度が格段に上がります。新たなビジネスチャンスを掴み、生存競争を勝ち抜くためにも、大きな武器になるでしょう。もちろん会社の健全性や将来性については、さまざまな書類や面談で何度も調査されます。その際に重要なポイントのひとつとなるのが、社内のIR体制の整備です。単に法律を守るというだけでなく、積極的な情報開示が求められます。株式公開のコンサルティングサービスでは、まず準備段階からIR体制の構築と見直しを行なうのが常道となっています。

コーポレート・ストーリーを策定する

IRはインベスター・リレーションズの略であり、投資家保護のために不可欠な要素のひとつです。一般投資家や機関投資家が株式を売買する上で、企業の業績や財務状況を参考にすることは言うまでもありません。IPOのコンサルティングでは、コンプライアンスを重視した情報公開はもちろん、企業の独自技術や競争力、強みや成長性などを明確にした上で、コーポレート・ストーリーとして打ち出すサポートを行ないます。ディスクロージャーは株式公開後なら当然のことですが、厳格な審査を通過するためには、公開前から目的や方針を確立しておく必要があります。情報の収集から発信までを、どのような方法で行なうのか明文化し、それを担当する組織づくりから支援するのがコンサルティングの役割になります。

人材の育成と社内啓蒙活動の推進

IR体制の整備にはハードとソフトの両面が必要です。ソフト面ではIRにかかわる人材育成も重要な位置を占めます。近年では情報開示への要求が年ごとに高まり、法律や規則の改訂も頻繁に行なわれています。これらに対応できるよう、担当者は十分な知識を備えておかねばなりません。担当者以外も、上場企業にふさわしい基礎知識や態度を身につけることが大切です。IPOコンサルティングは、こうした社内啓蒙活動のサポートも行ないます。このほか説明会の開催や情報開示サイトの構築、開示先の選定なども、効率的なIR活動に貢献します。企業の規模に合わせて、戦略を練る必要があるでしょう。IPOの前に準備すべき事項は多数ありますが、IR体制の整備は最も早くから取り組んでおくべき課題のひとつと言えます。