IPOのコンサルティングとは?

IPOとは、日本語では新規公開株や新規上場株式を意味する言葉で、一般的には企業が証券取引所に企業を上場させる行為です。企業が証券取引所に株式を上場することで、市場で売買が可能になり、株式の価値を高めることが可能になるため、資金調達がしやすくなるメリットがありますし、また上場企業ともなると社会的な信用力も得られるメリットがあります。一方で上場に至るまでには3年程度の準備期間が必要であり、また5000万円前後の費用が発生するとされます。このため上場までは、証券会社や専門の会社などを通じてコンサルティングを受けて進めるのが一般的です。これらによって上場に必要な書類の作成のほか、上場企業に相応しい社内体制の構築といったことを行うことになります。

株式上場を行うIPOのメリット

IPOは、InitialPublicOfferingの略で、日本語では新規公開株や新規上場株式を意味します。企業としては、証券取引所に株式を上場することであり、それによって証券市場から資金調達をすることが可能になりますし、また市場で取引されることによって、株式の価値も上がるため会社の価値を高めることが可能です。一方で株式上場をするためには業績そのものが堅調であることや、それらを証明するため決算報告書の作成などがあります。またすぐに上場できるわけではなく、おおむね3年程度の準備期間を経てた上で上場が可能になります。このため上場までは証券会社や専門の会社がコンサルティングを行うのが一般的で、また提出書類を作成するためにも多額の費用が必要になります。

株式上場するメリットとコンサルティング

IPOを行うメリットは、やはり上場企業になることで信用力を高めることが出来るということです。市場で株式が取引されるので業績が良ければ、それだけ価値も上がるため、資金調達が容易に出来るといったメリットがあります。一方で上場準備には3年程度の時間が必要であり、なによりも上場企業になるための基準を満たすために社内制度を見直す必要に迫られます。このため自力で上場するのはほぼ不可能であり、証券会社や専門の会社のコンサルティングを受けて準備を進めていくことになります。なお、上場に掛かる費用としては、一般的には5000万円前後が必要とされていますし、また上場企業に適した社内体制を構築する必要があるなど、容易なことではありません。このためこれらの費用を十分にペイできるぐらいにまで利益を得ている会社である必要があります。

当社では、株券の電子化によるメリットを貴社に享受していただくため、株主名簿取得については何回でも無料で行わせていただいております。 有事案件や株主通信等の企画を受託対応する事により、お客様にご満足頂けるサービスを、提供出来る事が他社との違いです。 長年のノウハウを持つ革新的な証券代行業務により、お客様の証券業務を、サポートをさせて頂ける事が他社との違いです。 IPOコンサルティング業務を支援いたします!